SDGs SDGsへの取り組み

あらゆる資源の循環を。
ために。

SDGsとは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。株式会社ネオメディックでは、このSDGsの趣旨に賛同し、私たちが出来る事から少しずつ活動してまいります。

私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

8つの取り組み

01 安心のセキュリティ体制

安心のセキュリティ体制

・金属探知機や指紋認証による入退室管理。また、死角のない防犯カメラの設置と管理会社による24時間管理体制のもと、セキュリティ管理に細心の注意を払い、情報漏洩などに対するリスクマネジメントを徹底しています。

・4Sを徹底して、整理、整頓、清掃、清潔を滞りなく行い、誰もが働きやすく効率よく作業を行うことができる職場となるよう努めています。

・毎年全社員に対して、セキュリティ教育を実施しています。セキュリティ担当者に対しては、より専門的なセキュリティ教育を実施しています。

02 社内教育の実施

飢餓をゼロに社内教育の実施

・定期的に、管理職へのハラスメント教育を行い、全従業員が安心して働くことができる環境を整えています。

・安全衛生の意識の向上、知識の習得を目的として、研修の実施や労働安全衛生法に基づいた講習の受講により、安全衛生の重要性を周知徹底しています。

03 健康経営の推進

3.すべての人に健康と福祉を8.働きがいも経済成長も

・定期的にストレスチェックを実施し、従業員の健康を心身ともに守っています。

・雇用形態にかかわらず、全従業員の有休取得率100%を達成しています。

・全従業員の残業時間を徹底的に削減し、1か月の残業10時間以内を達成しています。無理なく長く働くことができる労働環境を構築しています。

04 パートナーシップの活性化

17.パートナーシップで目標を達成しよう

・PC等の買取相当額を、認定NPO法人へ寄付しています。それにより、資源や経済の循環を促しています。
寄付プロジェクトについて

・障がい者施設にPC等の解体・分別のノウハウを指導し、仕事を委託することで、新たな雇用を生み出しています。

・オフィス家具回収業者と手を組み、オフィス等で不要とされている多様な資源の循環を実現しています。

05 地域の活性化

11.住み続けられるまちづくりを

・地域のイベントへの協賛を通じて、街の活性化に取り組んでいます。

・神川町や隣接する市町村の人材を積極的に雇用しています。

06 資源循環の推進

9.産業と技術革新の基板をつくろう12.つくる責任つかう責任13.気候変動に具体的な対策を14.海の豊かさを守ろう15.陸の豊かさも守ろう

・回収した電子廃棄物から排出される、廃プラスチックのみを選別し再資源化しています。

・企業等から回収した電子廃棄物のリユース・リサイクル率99%を達成しています。

07 産業廃棄物の削減

12.つくる責任つかう責任13.気候変動に具体的な対策を14.海の豊かさを守ろう15.陸の豊かさも守ろう

・企業、病院、官公庁等から排出された電子廃棄物の再資源化に努めています。

08 多様な人材の雇用

5.ジェンダー平等を実現しよう8.働きがいも経済成長も10.人や国の不平等をなくそう

・ポジションや役職に関わらず、女性社員を積極的に雇用しています。

・多様なバックグラウンドをもつ社員の活躍によって会社を活性化させるため、外国からの移住者を積極的に雇用しています。

・人生100年時代において、60歳以上の経済的自立をサポートするため、定年退職後の再雇用・再就職を実施しています。

SDGsの取り組み

SDGsの取り組み